ビットコインの仕組みや入手方法のあれこれ

ビットコインは通貨なのか

ビットコインは、国家で管理しているお金ではないので、通貨とは言えません。インターネット上に存在する仮想通貨で、お金と同等の価値を持った電子データのことを指し、実態を目で見ることはできません。ビットコインを管理するソフトやアプリを利用して、電子データを利用して決済に使います。一見、電子マネーにも似ていますね。しかし、電子マネーは発行している会社で管理されているもので、ICチップ等が付いたカードやスマートフォンのアプリに、利用する金額をあらかじめ前払いした記録をし、その金額分だけ使えるような仕組みになっています。ビットコインには特定の管理者がおらず、ビットコインの取引に参加している人が相互に監視し合って、適正な使い方ができるように運営されています。

一般の人が入手する方法は

ビットコインは、現金決済が主な日本にはなかなか根付きにくい所があります。欧米や諸外国では利用されていることが多く、クレジットカードと同様に買い物の決済で多く用いられ、貯蓄や投機目的で利用している方もいます。日本で利用するには、ネットショッピングで使える場合があり、利用するには、専用のアプリやソフトを用意する必要があります。ビットコインと通貨を交換できる取引所と紐付けされていることがあり、お財布を使うように入出金が自由にできますし、その日のレートにより交換取引ができます。ビットコインを必要としている人が多ければ、価値が高くなりますし、ビットコインを通貨に交換したい人が多ければ、価値が下がることになり、値の見極めも重要になりますね。最初はできるだけ損をしないように、少なめの額から入手するようにしましょう。

ビットコインは危険な物ではない

入手に関しては慣れが必要な場合がありますが、初心者用にマニュアルを作っているアプリの会社もありますので、良く確認するようにしましょう。ネットショッピングの際には、購入画面で専用のIDやパスワードを入力して決済できます。日本では、まだ一般的ではありませんが、店舗等で決済する時にはスマートフォンのアプリを起動して、決済処理するだけで簡単にできるようになっています。特定の管理者がいないことから、決済処理を不安視される場合がありますね。決済の整合性を保つために、取引の記録があるファイル同士をつなぐためにブロックチェーンを利用しています。ブロックチェーンとは、取引同士の記録をつなぐための暗号の鍵に当たるもので、システムを熟知したビットコインの利用者が、鍵の部分を正しくつなぎ合わせるための暗号の計算を行い、正しい答えを見つけて、取引が正当なものであると証明をする作業を常に行っています。一番早く答えを見つけ出した利用者には報酬が与えられ、ビットコインを得ることができ、採掘するという言葉で表されています。衆人環視の中で取引が行われ、不正や改ざんを防止するシステムであると言えるでしょう。

ビットコインは分散型仮想通貨であるため発行主体が存在せず、発行量にも上限が設定されています。現状の技術力では偽造が不可能という点も、既存通貨にはない特長といえます。