プロも顔負けのデザイン性の高いホームページを作るための3つの方法

ホームページのカラーリングを決定する

ホームページのイメージを決定付けるのは『色』になります。どういう色を使うかで、ホームページの印象が決定し、デザイン性があると思われるか思われないかの材料となります。派手な色を何色も使用すると、読者の目にストレスを与えてしまうので注意しなければなりません。デザイン性が高いと思われるためには、使う色の数は2か3色ほどにしておき、さらに薄い色を使用すると良いでしょう。落ち着いて色であれば、良い印象を与える効果となるのでオススメです。

内容に合う写真を複数載せる

ホームページのメインは文章ですが、文字ばかりでは印象が悪くなるので注意です。文章の内容に合う写真を載せ、オシャレさを演出することができます。オシャレであれば、高いデザイン性であると思わせることに繋がるので、なるべく写真を入れるようにしましょう。このとき、自分が用意した写真にすることがポイントとなります。写真撮影にこだわり、良いものを用意することでオリジナリティを主張できます。ただし、写真のみではホームページとして機能しないので、4か5枚程度にしましょう。

文章の文字に工夫を施す

ホームページの文章をただ作成するのではなく、文字効果を付与することでデザイン性を生み出すことができます。書体を変更する、文字の太さや色を変える、大きさを変更する等でいくらでも工夫できます。さらに見やすさを演出すれば、デザイン性が高まります。ただし、文字効果ばかりにこだわってしまうと、読者に飽きられてしまうので注意です。文章に対して、部分的に文字効果を施すことがポイントとなるので、伝えたい内容に合わせて工夫しましょう。

ホームページ制作のコストにこだわるうえで、複数の業者に見積もりをお願いすることで、早期に依頼先を決めることが可能です。