安全なネットワークには必要不可欠!知ってる?ネットワーク監視のこと

ネットワーク監視って何?

現代では、情報を得る手段としてネットワークは欠かせないものとなっています。常にネットワークに接続しているという人も多いでしょう。それは企業も同じで、顧客がいつでもアクセスできるようにと、営業時間に関わらず24時間体制で接続しています。そんな中で、もしネットワークが途切れてしまうようなことになれば企業は大損失です。そこで、常に正常な状態のネットワークを維持するために重要なのがネットワーク監視なのです。

ネットワーク監視でできることは何?

情報があふれる現代でネットワークの異常は起きてはならないものですよね。そこで役に立つのがネットワーク監視、これによりネットワークのダウンがないか、性能が低下していないかなどを把握することができます。監視が、もしネットワークの機器や通信トラック、サーバーの異常を見つけると、速やかに管理者に知らせるのです。このことにより事態が大きくならないうちに対応することができます。監視方法は、定期的にサーバーにHTTP要求を送る、テストメッセージを送るといったことで問題がないかを確認するというものです。

ネットワーク監視で監視しなければならないことは?

ネットワーク監視で監視することの1つは、ハードウェアの状態です。CPU、メモリ、ハードディスクのなどの使用率を監視し、異常が起こることを未然に防ぎます。またネットワークには欠かせない様々なサービス、そのサービスが行われているプロトコルも監視の対象です。これはネットワークを正常に維持するために非常に重要な項目であり、接続の応答時間まで細かくチェックします。そしてスムーズにネットワークが行われるように、トラフィック監視を行います。機器に異常がなくても、トラフィックの混雑はスムーズな応答を妨げてしまいますよね。そこでトラフィックの量を把握し、問題がある箇所に適切な支援をするのです。

フロー監視は、企業などのネットワークフローを監視し、外部からの不正なアクセスや侵入から防ぐ効果があります。